ページの先頭です
ブログ

最近のブログ記事

バックナンバー

カテゴリー

このブログを購読

日本全国各地、ジェートップグループは一貫したサービスを提供することが可能です。簡単お見積もり(無料)無料相談を行っておりますので、まずは1度ご相談ください。

フリーダイヤル0120-958-218
簡単お見積もり

ホームブログ>レース結果報告

2/25 大阪支店:植月 瞳

2015年2月25日 18:11

はじめまして、1月に入社しました植月です。

 

はじめましてなので私の好きなものについてお話させていただきたいと思います。

趣味はカメラとかお香とかゲームとか手芸とか、多趣味で収拾つかず大変なときもありますが毎日楽しいです。

そんな私の中で今一番アツイのが恐竜です。

 

実物を見ることができるのは今となっては化石だけですが、その化石からあんなに大きな生き物が地球に存在していたことが証明されているんですよね。ロマンがありますよね。

映像などで肉づけされた恐竜の肌の色や質感や鳴き声は、生態・骨格・喉の大きさなどから想像、推測されているのだそうです。

確かに存在していたのに、彼らの事を知ろうにも、人間はもうそのほとんどを想像で補うしかないのです。とってもロマンがありますよね。

その恐竜の神秘性がたまらなく好きなのです。

その中でもフクイラプトルが好きです。日本で発掘された肉食獣です。

彼が見ていた太古の日本はどんな景色だったのでしょうか。

彼らにも幸せに感じることや悲しいと思うことがあったのでしょうか。

妄想が止まりません。

今年は福井県にある恐竜博物館に行こうと目論んでいます。

同行してくれる人を募っていますが誰も食いついてくれません。どうして。

 

今年と言えば、ジュラシックパークの新作が公開されるそうなので今からドキドキしています。

CMで見たモササウルスの餌やりショーに大興奮です。

あのワンシーンだけですごいスリルです。

恐竜のテーマパークが舞台なのですが、映画の公式ホームページを見に行くと、次のショーの時間案内や、パーク内レストランのメニューなど細かいところまで凝られていてパークがほんとにどこかにありそうな感じなのです!

ちょっと楽しいのでお暇があれば見てみてください。

ちょっとわくわくできると思います。

 

それでは、はじめましてのブログはこの辺で。

最近は世間的にも恐竜ブームがきていてほくほくしている植月でした。


2009年11月11日 11:52

【11月7日 予選】                      20091108.JPGのサムネール画像

前回、厳しい戦いの中からチームらしさを大いに発揮し、表彰台を獲得したNo.24 HIS ADVAN KONDO GT-R。

一年の締めくくりをいい結果で終えるべく、チームはまず朝の公式練習での走行に取り掛かかり、午後からの予選1回目では、クルマのバランスも向上!

【11月8日 決勝】

スタートドライバーを含めたJ・P・デ・オリベイラ選手は12位から周回を重ねるごとに順位をアップし10週を終える頃には暫定6位まで浮上し、上位陣が立て続けにピットインを行うなか暫定3位を走り、レース折り返しにあたる27周終了でピットイン。

ピット作業では通常ドライバー交代、給油に加え、タイヤ交換を行うところだが、今回は無交換の戦略を実施!

チームではタイヤ交換せずに荒聖治選手をコースへと送りタイヤ交換を済ませたライバルたちとの戦いは激しさを増し、応戦するも逆転を許すことになってしまった・・・。

さらにバトル中の接触が原因か、右フロントタイヤのエアバルブが折れてしまい、スローパンクチャーを喫し、悔しいポジションダウン。

結果、11位でチェッカーを受けて今シーズン最後の戦いに幕を下ろした。なお、シリーズランキングでは8位を獲得している。

2009110801.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 


第8戦  オートポリス 結果報告♪

2009年10月21日 18:08
2009101813300000.JPG

【17日 予選】

第8戦の舞台は大分・オートポリスでの一戦です。
公式練習はJ・P・デ・オリベイラ選手をメインに周回を重ねて、9番手のタイムをマークです!しかしセッティングの方向性が思うように定まらず、チームとして苦戦を強いられました。

出来る限りの手を尽くし、予選に挑んだオリベイラ、荒聖治両選手でしたが、タイムが伸び悩み、アタックを担当したオリベイラ選手がマークしたタイムは11番手になり、惜しくもスーパーラップへと駒を進めることができずに予選を終えました・・・。

【18日 決勝】

近藤レーシングの作戦が見事成功し、チームにうれしい結果をもたらすことになりました!

荒選手はひとつポジションを上げてオープニングラップを終了。以後、タイヤを持たせることを意識しつつ勝負できるところは確実に勝負し、29周を終了。6位でオリベイラ選手へステアリングを委ねました

オリベイラ選手はペースをキープしつつ、その後は後続のNSX勢からの猛追を見事にシャットアウトするなど、"魅せる"走りを披露!

これによってNo.24 HIS ADVAN KONDO GT-Rは3位でチェッカーを受け、うれしい結果を手にすることとなりました~。


 


9/12・9/13 富士スピードウェイ結果♪

2009年9月15日 09:30

【9/12 予選】

午後12時50分に予選がスタートしました。まずは荒聖治選手が予選通過基準タイムをクリア!
その後J・P・デ・オリベイラ選手がやや遅いタイミングでアタックを開始。
チェッカー前にベストタイムを大幅に更新しスーパーラップへの進出を決めました♪
スーパーラップはほぼ雨も止んではいたものの路面は依然ウェット状態...。各チームともタ
イヤ選択に悩みながらのアタックとなしましたが、No.24 HIS ADVAN KONDO GT-Rに乗り込
んだオリベイラ選手はインターミディエイトタイヤを装着し 1分48秒660のタイムを刻み、5番手のポジションを得ることに成功しました~。

【9/13 決勝】

前日とは変わり、青空がサーキット一面に広がり、強い日差しが照りつける天気の中、No.24 HIS ADVAN KONDO GT-Rにとっては、申し分のないコンディションで戦いを迎える機会に恵まれました。
スタートダッシュを見せたのは、J・P・デ・オリベイラ選手。予選5番手からひとつポジションをあげて4位でオープニングラップを終了。すぐさま前方のNo.1 GT-Rを猛追し1号車を逆転したのは3周目。その後、トップ車両がドライブスルーペナルティを受けたため、オリベイラ選手は2位で周回を重ねていき20周目にはNo.8 NSXとの接近戦で逆転を許すも、3番手をキープする活躍を見せました~♪ ピットインは33周終了時。わずか28.5秒でタイヤ交換、給油、ドライバー交代を済ませコースへと復帰しました~!荒聖治選手は終盤の追い上げを想定し、交代直後はややペースをセーブしながら周回を続けました。チームとしての戦略がいい方向に進み、そろそろ巻き返しを始めようとした矢先、ハプニングが荒選手を襲った!!Y(>ω<、)Y ヒェェーーッ!。
前方を走るGT300車両のドアが外れ、その直後にいたNo.24 HIS ADVAN KONDO GT-Rの
ボンネットに落下! さらにキルスイッチのワイヤーを引っ張ってしまったのだ~!!((((:゚Д゚)))

あり得ないハプニングに巻き込まれたクルマは電源がすべて落ち、コントロールできない状態に...。荒選手は安全を確保できる場所へとクルマを停め、状況を把握。自力で電源を復帰させてスタッフが待つピットまでクルマを運びました。荒選手の冷静かつ機転の利いた判断によって、再び戦場へと戻ることができましたが 不運にもトップとは2周遅れになってしまいました...。幸い走行への影響はなく、それどころか上位陣と変わらぬハイペースで周回する力走を披露し、13位でチェッカーを受けました! 

《選手も監督もスタッフの方々、お疲れ様でした<m(__)m>》


P1010057.JPG


8/23 鈴鹿サーキット結果報告♪

2009年8月26日 10:00

フジ電気工業で応援している『近藤レーシングチーム』のレース結果報告です~

GT第6戦 鈴鹿サーキットで開催されました。

今回のレースは700km、終盤はヘッドライトを点灯させながら走行するナイトセッションとなり、いつも以上にハードな戦いが予想されます。

まず、オリベイラ選手が予選10番手からスタートしオープニングラップを8位で修了。ライバルよりも重いマシンを巧みにコントロールし序盤戦をポジションキープしました。

34週修了でピットインし荒選手に交代し、その後61週修了でピットインしオリベイラ選手に交代、快調な走りを披露し5位まで浮上しました。♪

レースは85週目に大きな転機が訪れ、2位争いをしていたNSXがアクシデントにより失火。ここでセーフティーカーが導入され、レースが一旦仕切りなおしとなりました。その後再スタートが切られるも、エンジンに火が入らない!!オリベイラ選手は鈴鹿の特性をうまく利用し何とか再スタートを切ったが、セーフティカーランの修了を待ってピットイン。ルーティン作業の後、荒選手が乗り込みましたがエンジンが作動せずピット内での修復作業が始まりました。原因はエンジンスターターの電気系トラブルでした。スタッフが懸命の作業を行い、再び荒選手をコースへと送り込みましたが、惜しくも上位争いのチャンスを失いました。

終盤はコンスタントにレースラップを刻みましたが結果11位でチェッカーを受けました。

レース後の近藤監督・オリベイラ選手・荒選手・エンジニアの方のコメントでは、皆一同に気持ちを切替えて新たな気持ちで攻め続け、残り3戦のレースで勝ちを狙いに頑張ります!との事です。

監督・ドライバー・エンジニア・他のスタッフが一丸となって今後のレースを戦う姿をフジ電気も応援していきます!!!

 


SUGOレース結果♪

2009年7月27日 17:30

7/25(予選)

暑さも湿度も最高潮になる中、まず荒聖治選手がコースインし、午前から微調整したクルマのチェックを行い、J・P・デ・オリベイラ選手へとバトンタッチ。

オリベイラ選手は存分にパフォーマンスを披露し予選4番手のタイムとなり、スーパーラップへと駒を進めました。

そしてスーパーラップ。5番目に登場したオリベイラ選手は、最初のセクターでトップタイムをマークすると、その勢いは途切れることはなくラップを刻んで見事暫定トップの座を仕留めました~♪

このあと3台のライバルがアタックを行った結果、予選3番手を獲得し、明日の決勝レースはセカンドローからスタートを切ることになりました。(*^_^*)

7/26(決勝)

決勝レースを前に最終コーナー奥より怪しい雲が増え始め、波乱の展開を予想させる天気です...。

スタートドライバーのオリベイラ選手はオープニングからハイペースの周回を続け、20周目1コーナー飛び込みで前車の逆転に成功し2位に浮上しました♪

だが、それからほどなくして雨が降り始め、タイヤ交換を迫られることになり、27週修了のタイミングでピットインし荒選手とスイッチ!足元にはレインタイヤがはめられました。

しかし、これを機にラップタイムが伸び悩み、ポジションアップが望めなくなってしまいました... ("0";)!


荒選手は持てる力をすべて引き出して健闘するが、雨は小康状態から一時的に土砂降りへと変貌するなど極めて不安定なコンディションで再びタイヤ交換をしたがホジションを挽回させるチャンスがないまま修了し13位というチームにとって厳しい結果に終わってしまいました...

天気によってレースは大きく左右されてしまいます...。でもこれから挽回できると信じてます!これからの鈴鹿・富士などを期待して、会社をあげて応援してます!(^ω^)ヾ

 


頑張れ!近藤レーシング!

2009年7月25日 10:30

7/25(予選)7/26(決勝)と宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーGTのレースが開催されます!

フジ電気で応援している《KONDO レーシング》も、もちろん参戦します! 現在チームランキング1位の為ウェイトハンディがあるので他チームよりも厳しい条件の中、きっと最善を尽くしてくれるでしょう《KONDOレーシング》をフジ電気工業 社員一同 会社で仕事をしながら応援しています!

フジ電気からも何名か直接スポーツランドSUGOまで行き応援する予定です!(^ω^)ヾ

 

【KONDO RACING 頑張れ~!!】


♪セパンレースの結果報告♪

2009年6月24日 11:30

6/20  6/21 とマレーシアのセパンインターナルサーキットにて今シーズンの前半戦大詰めのレースを行いました。

《6/20 予選》

予選1回目 J・P・デ・オリベイラ選手が車のバランスをチェックしその後荒選手にスイッチし予選基準タイムをクリアするために周回を重ね、その後再び J・P・デ・オリベイラ選手にスイッチしベストタイムをマークしスーパーラップ進出を果たしました。

迎えたスーパーラップはJ・P・デ・オリベイラ選手3番目にアタックし最終的に予選7番手から決勝進出を果たしました。

《6/21 決勝》

まずJ・P・デ・オリベイラ選手がスタートダッシュし7位⇒3位に浮上! 勢いにのるオリベイラ選手は攻めながら周回し20週を終えた段階でピットインし荒選手にスイッチしました。

入賞圏内の争いは後半になっても激しく荒選手はGT500の中で最も重いマシンでなお、タイヤを労わるというハードなミッションに挑み、攻防を重ねながら周回を重ねていき、5番手確保に成功し54週に及ぶ戦いに終止符を打ちました。

5位入賞のポイントを加算した近藤レーシングチームは開幕戦から4連続入賞ポイントを獲得しシリーズランキングでも依然【トップ】をキープしています!

《今後もフジ電気工業では近藤レーシングチームを応援していきます》

 


フジスピードウェイ結果報告♪

2009年5月 7日 13:00

フジ電気にて応援中の近藤レーシングチームが大健闘しましたレースの

5/3(予選) 5/4(決勝)のレースの詳細分かりました~

resu1.jpgのサムネール画像5/3(予選)

46kgのウェイトを搭載 荒聖治選手が予選通過基準タイムを難なくクリアしその後、オリベイラ選手が

アタック。8番手に浮上し、見事スーパーラップ進出を果たしました。第1区間を自己ベストで通過するもAコーナーの進入でマシンの挙動が乱れ、スピン。懸命のリカバリーでそのままアタックを続けました。が、惜しくもベストタイムを刻むチャンスを失い予選8番手から決勝を迎えることとなりました。

 



5/4(決勝)

resu2.jpgのサムネール画像スタートはオリベイラ選手。好スタートをきり絶妙のタイミングで一気に躍進し9週目には見事逆転!首位でレースをひっぱります!その後荒選手にコントロールをまかし、重いウェイトの車の為車両が軽くストレートラインでのびのあるライバルに逆転を許してしまったが見事に4位入賞!オリベイラ選手は ドライバーズポイントランキングでもトップの座に返り咲きました!!

ハンデを背負っていたにもかかわらず、入賞した近藤レーシングチームです\(~o~)/ おめでとう~!

これからもフジ電気は近藤レーシングチームを応援していきます!!

 


速報!!

2009年5月 4日 17:30

本日、富士スピードウェイでフジ電気にて応援してる『近藤レーシング』のレース結果が分かりました~♪

なんと『4位入賞』です!

知ってましたか!? GTで優勝するとハンデがつくんです! 46Kgも車を重くしてレースに挑んだのです!それで『4位入賞』です!! 現在ポイントランキングで一位です! すごいです!

本日応援に行きましたフジ電気の社員より『興奮の電話』が入りました~!

詳しい事はまた今度プログに載せます。

 【とりあえずおめでとう~!応援しているフジ電気も嬉しいです~♪♪♪】

 


ページのトップへ